I love math!!

数学が大好きな人間です。

アクセス数&やっぱし実行力は大事だよ。

本題に入る前に、

実は今日、ものすごいアクセスがあり驚いております。

長年やっている方からしたら、大した数じゃないですが、

数字を知りたいですか?

 

シーン・・・・・・・・・・・・・

 

分かりました。

 

そこまで言うのなら!

 

その数はズバリ!

 

40!!

 

観衆:(は?お前は俺らを馬鹿にしているのかオラ!)

 

いや、ほんとなんです。

 

いつものアクセス数が非常に低いだけですが、(一日のアクセス数は、2~4程度、うまくいっても10を少し超えるくらい。)

 

まあこんな僕のことは置いといて、

 

では本題に、

最近は、虫の嫌いな子が多いように感じます。

あなたのお子さんはどうでしょうか?

 

ちなみに、

僕はいい年ですが、虫が嫌いです。

 

ではどうすれば虫が嫌いではない子供に育てることができるのでしょうか。

 

僕的には、小さい子ならこの方法がおすすめです。

 

小さい頃から虫に慣れさせる。

 

虫もよく見たらかわいいものですよ。

私は好きになれませんし、そもそも見た目がグロテスクなものも存在しますが・・・

 

でも、小さい子なら、まだまだ成長中なので虫たちもかわいく見えてくる、もしくは拒絶反応はなくなり、自然に虫たちを受け入れることができるでしょう。

 

虫とは関係ないけれど、やらず嫌いをなくす

 

何かをする前からなんでも嫌いだと決めつけてしまってはいけません。

これは子供だけの話ではありません。

大人もやらず嫌いをなくすべきです。

 

こんな記事も書いています。

 

nikudaisuki.hatenablog.com

 

 

 

例えば、極端な例ですが

お金がない、あと5万円あったらもう少し家計の余裕ができるのに・・・・」

という人に僕は、副業を進めたことがあります。

 

するとなんて返ってきたと思います?

 

「私にそんな才能はない。」

こう返ってきました。

 

果たしてこの人は、一回でも副業に手を付けたことはあるのだろうか?

 

僕はそうは思いながらも返す言葉がありませんでした。

(理由は不明ですが、)

 

このままじゃこの人は、一生お金に縛られた生活を送らないといけませんね。

もちろん今でもその人はお金を持ってませんよw

 

口癖が「お金がない」です。

 

まとめ

今回の記事は子供だけでなく大人の人にも役立つ記事になったと思います。

やらず嫌いは絶対にダメですよ。時間は有限ですから。

 

僕は、あまり社会に干渉されないブロガー兼エンジニアを目指しております。

社会に干渉されないことで、もっと多くの自分の時間を確保できると思います。

 

なので、

 

どうか応援よろしくお願いします

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ

 

広告を非表示にする