I love math!!

数学が大好きな人間です。

noteを批判する人はイノベーションについていけていない人

noteというサービスがあります。

簡単に言えば、自分の書いた本や、ブログでいう記事などを

無料または有料で公開できるサービスです。

今結構盛り上がています。

 

noteを使っている有名な方は、イケダハヤトさんや、ケンスウさんなどです。

noteはすごく面白いです。

ブログでは書けないようなことがたくさん書かれています。

TwitterなどのSNSとはまったく別物のサービスです。

 

でも、最近noteを批判する人を良く見かけるんです。

「noteは悪だ」みたいな、

いやいや、しょうがないじゃんと僕は思いますが、皆さんはどうですか。

今までになかった新しいイノベーションですよ。

紙もいいけど、本を出すってちょっと難しそうじゃないですか?

特に、収入が低い人などは、出したくても出せない。

いわば、チャンスを掴みにくいわけです。

 

その辺を踏まえて、

noteってやりたかったことがしたいのにできない人にとっては夢のようなサービスですよ。

 

例えば、本を出したいけど、お金もないし、出版社も取り繕ってくれない。

みたいなときにnoteで本を書いて、有名なブロガーさんにレビューなんかを頼めば

そこそこの収益が着込めるとは思いますが、そこから書籍化されたらすごくないですか?運が良ければ雑誌のインタビューが来るかもしてませんし、

 

まあそこまで到達するのは、結構宇な努力が必要だと思いますが、裏を返せば必要なのは努力ぐらいです。

 

有名な小説なんかを読みまくって研究して小説を書く。

これを繰り返せば何とかいい線まで行けるような気がします。

 

まあ、努力次第ってことですよ。

 

こんな記事も書いてます。

 

広告を非表示にする