I love math!!

数学が大好きな人間です。

食べられずに捨てられている食品をいかに減らすかが今後の課題となる。

生産された食品がどれほどの確率で捨てられているかご存知でしょうか。

実は、生産された食品の半分ほどが食べられずに捨てられているそうです。

これをどうとらえるかは人それぞれだとは思いますが、この量は異常なのではないのでしょうか。

 

発展途上国などでは、飢餓で命を落とす人がいるのに対して生産された食品の半分が食べられずに捨てられているという現実を何とかして打破する方法はないのでしょうか。

 

捨てられる食品の数を減らすのは、実は意外と簡単なのかもしれません。

例えば、意識次第で食べる量は制限できますし、無駄のない食事を作ることだってできます。

 

発展途上国との先進国との格差が今後ますます問題になってくるのではないかと僕は思います。

 

とにかく、食品の半分が無駄になるという事実を皆さんにお伝えしたかっただけです。

 

以上です。

広告を非表示にする