I love math!!

数学が大好きな人間です。

本のいいところは、あえて紙に印刷されていることだと思う。

僕は本が大好きです。

でも、kindleなどはあまり好きになれません。

 

スマホなどの画面を見ていると、だんだんと目が疲れてきて読めても3時間が限界です笑。

 

ブルーライトを極力出さないような作りの端末なんかは、結構売れそうな感じがします。

 

おそらくもうそのような製品は出回っているのでしょうね。

 

それに対して本は、紙だから目がなかなか疲れません。

そして何より扱いやすい。

 

これはkindleなどのサービスでもいえることかもしれませんが、kindleにもデメリットはありますよね。

 

例えば、電子書籍サービスの問題点の代表ともいえるのが、読み込みの遅さです。

 

ページ数の多い本なんかは、読み込みに時間がかかってしまいます。

 

それに比べて本は、すぐに開けるのでその点では本は優れているといえます。

 

まとめ。

 

本と電子書籍のそれぞれのメリット、デメリットは、

 

本のメリット

  • すぐに開ける
  • 目が疲れない

本のデメリット

  • 持ち運びに苦労する
  • 値段が高い

 

電子書籍のメリット

  • 比較的値段が安い
  • ジャンルが豊富
  • 暗いところでも読める

電子書籍のデメリット

  • 目が疲れる
  • 読み込みが遅い
  • 端末が重くなる

 

改めて整理してみると、やっぱり電子書籍のメリットは大きいですね。

だから出版業界は大変なのでしょう。

 

しかし、ある程度の本離れが進んだ後は、本好きも結構いるので、何とか持ちこたえそうな感じがします。

 

もしも本がなくなってしまうと、いろいろなテクノロジーの発達が遅れそうで僕は物凄く怖いです。

 

以上です。

 

広告を非表示にする