I love math!!

数学が大好きな人間です。

無駄な会議をしないための対策

 

f:id:odakenta:20170731150046p:plain

nikudaisuki.hatenablog.com

 上の記事で無駄な会議の特徴をまとめました。

ぜひみてみてください。

 

無駄な会議ほど、生産性のないものはありません。

 

しかし、無駄な会議をなくすためには、知識が必要です。

 

それを今回はまとめようと思います。

 

 

資料作りを甘く見ている

「会議は資料が五割」と言われています。

 

しかし、その資料を作ることを甘く見ていると会議の効率は必然的に落ちてしまいます。

 

これの解決策は、簡単です。

まずは、資料を見直してみて事前準備をしっかりしましょう。

 

 

だらだらとした会議をしない

どれだけ意見を言っても一向に終わる気配のない会議はやる気がなくなりませんか?

 

このような会議も生産性が落ちてしまいます。

しかし、時間を決めてしまえば生産性は少なからず向上します。

 

そして、会議の時間を決めることは、人の時間というコストを削減することになり、win-winの関係になります。

 

 

とりあえず集まって話すという考えは捨てる

集まって話しても、目的がなければ、なにも生み出しません。

つまり、生産性がありません。

 

会議を開く理由は、目的や方向性があるからです。

 

しかし、とりあえず集まって話すという会議をするところが調べただけで非常に多いように感じられます。

 

このような考えをなくすためにも、こんな会議はやらないほうがいいという考えをもっと多くの人に伝わるべきだと思います。

 

 

 

広告を非表示にする